新型コロナウィルス蔓延による、イベント自粛によるクラウドファンディング実施

いつも、廃材ガラスをリサイクルしたガラスビーズを使って描く、ガラスアート協会の活動をご支援いただきありがとうございます。

この度、コロナ蔓延にともない、政府の要請による中止となった子供たちのための「ガラスアート祭り」に対する、クラウドファンディングを2020年3月27日~開始いたしました.

🌸一般社団法人日本フォトガラスアート協会主催クラウドファンディング

「リサイクルガラスを使ったガラスアート体験イベントを復活させたい」
https://readyfor.jp/projects/japanpga-2020
 
私たちは、常にガラスアート体験を通して、 
「リサイクルすることの大切さ」
「作ることの喜び・楽しさを知る」
「環境活動にいつのまにか参加」
「自由・創造・才能開花」
 
これらを提供しています。
通念を通して、小学校や児童館、公民館、行政の場において、環境学習業やリサイクルガラスアート体験を実施しています。

その活動の一環として、年に一度、ガラスアートの活動を知っていただくために、「ガラスアート祭り」を開催しております。
 
多くの方に、子供たちに参加していただき、リサイクルすることの大切さ、楽しさ、作ることの喜びを体感していただく貴重な機会です。
なによりも・・・
 
子供たちに、廃材ガラスがこんなにもきれいな、キラキラ光るガラスになるということを知ってもらいたい。
そして、それがゴミになるのではなく、「自分だけの宝物として、生み出せるんだ」ということに気づいてもらいたいのです。

🌸なぜクラウドファンディングなのか
 
今年の「ガラスアート祭り」は、2020年3月8日に開催される予定でした。
ところが・・・コロナウィルスが蔓延してきて、日本政府から新型コロナウィルス感染拡大防止のため、大規模イベントの自粛要請が入り・・・
子供たちの感染リスクを考えて、このイベントを延期する決断をしました。
 
これまで、この日のためにと、子供たちが楽しめるようにといろんなワークショップやガラスアート体験を考えて準備してきましたが、もし来てもらったことにより、健康を害することがあったなら、大変なことだし、子供たちが感染でもしたら一気に広がってしまう可能性があります。なので・・・楽しみにしてくれていた子供たちには申し訳ないのですが、今回は諦めて夏ごろに開催したいと思っています。

今回のイベント中止によって、会場代やレンタル設備費、広告宣伝費など大きな損害がかかってしまいます(泣)

しかし、このまま中止にすることはできません。
なぜなら、子供たちが待っていてくれるからです。

今回の決断は、政府の要請による自主規制でした。
もし延期として、再度開催することができれば、多くの子供たちに「廃材をリサイクルする喜び」を感じながら、キラキラしたガラスビーズを使って、親子で楽しいガラスアート体験イベントが開催することができます。

今回のイベント中止による損害が少しでも軽減されれば、私たちの「廃材ガラスのリサイクル活動」への被害も最小限に抑えることができ、またこの新型コロナウィルスが落ち着いた夏ごろに、「ガラスアート祭り」を開催することができます。

いつもみなさまには、私たちの活動に、大きなご支援・ご協力をいただいており、とても感謝しています。
 
この度の、ガラスアート祭りを再度!何とか実施できるように、そして、子供たちに、キラキラ光るガラスアートを楽しんでもらえるように、どうか皆様のお力をお貸しください。
 
私たちの提供するガラスアートキットを、みなさまのお手元にお送りさせていただきます。
ぜひ、お子様や施設の子供たちにお渡しいただき、子供たちに楽しい時間をご提供いただけたら、と思っております。
私たちの想いを引き継ぎ、伝えていただければとても嬉しいです。
クラウドファンディングURLは以下になります。

🌸一般社団法人日本フォトガラスアート協会
「リサイクルガラスを使ったガラスアート体験イベントを復活させたい」
https://readyfor.jp/projects/japanpga-2020(4月30日(木)午後11:00で終了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です